風邪で脱毛するとヒリヒリ痛痒さが出やすくなります。

風邪をひいた時は脱毛を受けるべきではありません

風邪だったのに自己判断で脱毛サロンへ : 脱毛後、酷い痛み痒みに襲われる : 体調不良時は無理に脱毛すべきでない : 風邪をひいた時は脱毛を受けるべきではありません

中々予約が取れなくてようやく脱毛を受ける日という時に風邪をひいてしまい、風邪薬を飲んだ状態で脱毛を受けようとしたところ担当の医師から止められました。なぜ断られたのかというと、薬の副作用に原因があるからです。副作用があまりないと思われてしまいがちな風邪薬は抗生物質が配合されていて、その薬を服用すると肌が通常に比べて熱に敏感になってしまう事があるからです。それにより思わぬ肌トラブルを起こしてしまう危険性があると言われました。脱毛の主流となっているフラッシュ脱毛に使われているレーザーの光と反応し炎症や火傷、強い痛みを引き起こしてしまうのでやめましょうと言われました。脱毛をするのに炎症や火傷をしてしまっては意味がないのでその日は受けるのをやめました。予約を取り直して、その日に向けて体調を整えて脱毛を受ける事にしました。薬を飲んだ事を黙ったまま施術を受けていたらと思うと怖くなりました。脱毛の予約を入れた際に医師から言われていた事を思い出したおかげです。どこのサロンでも事前の説明で風邪薬を飲んだ時は控えるようにと説明をされているそうです。体調が悪く薬を飲んでしまったら、サロンに電話をして聞く事も出来ます。